【おかず屋】48手まとめ
表と裏合わせて96手ー画像と動画でご紹介

「そもそも、48手て何?」

という疑問が、或る夜頭に浮かび、Wikipediaで、調べてみると、

そもそも、四十八手とは、相撲における決め技のことで、室町時代からその名が見られる。古来の日本では、「縁起の良いたくさんの数」として48を使用した。(略)
そして、江戸時代になると、様々なものの数を48で定めることが多くなり、「江戸四十八手」は日本の江戸時代に於いて名付けられたと見られる。

決まり手のような名称を付けて各種性交体位を定義したものである。日本の伝統的な性交体位概念である。名称については日本語社会において成立したため、同じ体位でも他の言語社会とは異なる名称が付いている事例が多い。尚、表裏合わせて九十六手ともいわれる。

「伝統的な性体位」といわれると、どういう絡み方が伝統的なのか是非教えて欲しいところですが、
残念ながらWikipediaには、体位名だけで、画像やテキストでの体位の詳しい説明はありません。
そもそも江戸時代に命名されただけあって、漢字が難しくて読めない(学力不足なのは、自分だけ?)上、どうしてそういう名前になったのかもよくわからない。。。
こういう事は意外と気になるもので、漢字の読み方を調べるうちに、どういう体位なのかも気になりだし、
説明文をじっくり読んでもイメージが湧かないので、ついつい画像を探してしまうという事を数週間。
気づけば、結構な情報量になったので、読み方、由来はもちろん、実際どういう風に絡むのか画像もつけてまとめてみました。

今日の1手

巣篭もり
【すごもり】

   

膝を曲げて開脚させた女性を横向けに寝かし、男性は上になった方の女性の脚をすくい上げ、 続きを読む

交喙とり
【いすかとり】

   

脚を「く」の字にして、横向きになった女性のお●んこに、背後から男性がそのまま挿入する体位です。 続きを読む

本駒掛け
【ほんこまかけ】

   

男性は上半身を起こし、膝を軽く曲げて座ります。女性は後ろ向きの姿勢で男性に跨り、 続きを読む

深山
【しんざん・みやま】

   

男性は膝立ちになり、仰向けで寝ている女性の両足首をつかんで 続きを読む

深山
【しんざん・みやま】

   

男性は膝立ちになり、仰向けで寝ている女性の両足首をつかんで 続きを読む

揚羽本手
【あげはほんて】

   

正常位の一種です。男性は、仰向けに寝た女性の上に覆いかぶさります。女性は男性の腰や 続きを読む

織り茶臼
【おりちゃうす】

   

騎乗位の時に、男性が上になった女性のバランスが崩れないよう両手を 続きを読む

鳴門
【なると】

   

座った男性の上に女性が後ろ向きの姿勢で腰を下ろして、両脚を大きく広げて挿入する体位です。 続きを読む

本茶臼
【ほんちゃうす】

   

仰向けに横たわった男性の上に女性が跨り、上半身を前屈みに倒し女性の腰 続きを読む

椋鳥 
【むくどり】

   

今で言う「69(シックスナイン)」です。どうして、69が椋鳥なのか 続きを読む

手懸け
【てがけ】

   

手懸けは、たぶん「手をかける」というところから、もう1つの意味に 続きを読む

白光錦
【びゃっこうにしき】

   

「はっこう・にしき」と読むのかと思いきや「びゃっこう・にしき」 続きを読む

月見茶臼
【つきみちゃうす】

   

仰向けになった男性の上に背中を向ける形で女性がまたがり腰を下ろしペニスを 続きを読む